学費についてby医学部予備校福岡pmd

学費の違いは私立大学の中でも大きな開きがあります…

私立大学医学部学費ランキング

高額な順でランク付けしています

他のどの学部と比較しても最も費用が掛かる学部と言えると思います。さらに付け加えると、大よその傾向として、偏差値が高いほど学費も割安になっていることも判るのではないでしょうか。さらに国立大学医学部の平均額が350万円であることから、できるならば国公立で、私立であっても高い偏差値であるほど、親の負担も軽減されるようです。

尚、自治医科と産業医科大学は、授業料の貸与制度があり、卒業した後に指定の医療機関で9年間従事すれば、返済免除の制度があり、学費の面が志望校の要因となっている場合はおすすめです。

経済的負担を最優先に考えるならば

医者になってからは、平均年収も非常に高く、安定した収入や地位が得られるということはありますが、入学から医師免許を取得するまでの期間は、大変長い道のりとなっています。さらに研修期間においては、投資の為にお金を費やす必要もあります。

  • 多くの書籍代金
  • 医局費等の諸費用
  • 学会費用

このように、投資という考えもありますが、時間的余裕やお金の面で、負担を強いられるのかもしれません。であるならば、地方在住者は地方の国公立大学等に人気が集まるのも当然の結果なのかもしれません。

フロー

HOME>偏差値について>学費について