医学部予備校とはby福岡pmd

試験制度に鑑み、的を絞った専門性の高い効率的学習を行います

医学部受験に特化

医学部は最難関の学部より、ターゲット校を絞り効率的に学習することが求められます

特徴ある独自の試験システムがある中で、どこを志望大学にしているかという目標を、明確に定めて勉強することが、非常に重要となってきます。

その為、高校の授業や自主学習だけでは、合格が極めて難しいという見解も…

最小限の勉強での合格が理想

当校では、志望校に沿ったカリキュラムを推進しています

万遍なくあらゆる知識を習得すれば、見識を広げるという観点においては、社会に出てから活かせることがあるのかもしれません。しかし、それでは効率の面から考えると、ただえさえ時間の無い最中、受験において今必要なことなのかという疑問も少なからず残ります。決められた短期間の中で、合格という2文字を勝ち取らなければいけない中、その教科の内容や分野等、時間の使い方においての取捨選択を行うということが必要です。私どもはこの点において医学部受験のプロです。履修科目の範囲や分野において、明解に指示します。

私たちは生徒の将来のことも考えています

医学部の受験は、その勉強の質や量、そして広範囲であることから、必死で勉強していかなければ合格を勝ち取ることは困難ではないかと思います。ただ…、仮に合格となっても、入学後は受験以上の試練が待ち受けていることになります。実はここからが本番とも言えるのかもしれません。文系学科と異なり、また、他の理系学部の理、工、歯薬学部と比較しても、かなりの中身の濃い授業で、しかもハイレベルです。その為、アルバイトに時間を費やせる程、余裕もあまり無いようです。そんな中、受験で頑張ってきて、少しでも充電したいと思うも叶わず、燃え尽き症候群となってしまい、結局は留年してしまったであるとか、退学という方も結果的にはいるようです。そうならない為にも、当校では、入学した後のことも頭に入れ、学習効率ということに徹底的に拘って、余力を残しながらの勉強方法を推進します。

フロー

HOME>医学部予備校について