医学部予備校福岡pmdの特徴について

確かな知識の習得に講師陣も全力を尽くします!

授業の特徴について

試験本番で役に立つ、真の学力をつけることが目的となっています

これまで培ってきた経験と中身の濃さに自信があります

ここで、真の学力とは何でしょうか?大変唐突な質問ですが、これが原点となっています。例えば、単に知っているという知識では、実際の試験で点を取る事は難しいのです。私共は、この理解度の度合いも数値化できるように工夫しています。知っているから解ける(解る)までのプロセスへと導いていく事こそが、私たちの仕事だと思っています。

つまり、単なる知識の投げ売りではなく、習得できたかまでも見守り、点数という結果に拘っていきます。もしも「通ってよかった」というランキングがあるならば、常に上位に入るような予備校を目指しています。

効率を考えたサイクルシステム

  • 課題を与える
  • 授業による発見
  • 復習による確認
  • テストの実施

このように、定着力を養う為の、サイクルシステムを採用しています。

また、それを補助するものとして、類題演習も数多くこなしていきます。

皆様もご経験があるのかもしれませんが、授業を受けきちんと理解したつもりでも、、きちんと応用し問題を解くうえで活かせるかどうかは、過去問演習やテスト等の実戦形式で、現状確認ができます。これが試験本番でも力がだせる所以です。

知っている事と解ることは同意語ではありません。意味の異なる言葉であり、本来の身に着ける過程を経ていなければ、少し捻ったような問題に対しての柔軟性に欠けるおそれもあります。

当校では、最悪の環境であっても最大限の力を発揮できるような訓練も行い、実際の試験に備えています!

机

HOME>特徴について