川崎医科大学医学部医学科の紹介

川崎医科大学医学部医学科の紹介

川崎医科大学医学部医学科概要

川崎医科大学医学部医学科は、岡山県倉敷市に位置する私立医学部です。自発的な学習を促す方針がうかがえる点などが好感できます。入試では各科目とも難問・奇問の類は少なく、出題分野の偏りも小さいですが、設問数が多いという特徴があります。基本問題をテキパキ解き進めることが得意な私立医学部受験生も、川崎医科大学医学部医学科を検討してみましょう。

川崎医科大学医学部募集要項について

アドミッションポリシー

川崎医科大学医学部では、地域社会の人々の健康に貢献する意欲ある人材を求めています。また、特定地域のみならず、日本全体、世界全体の医療に興味を持てることも望まれます。入学までに医療に関する情報に興味を持って接し、どのような医療ニーズがあるのかなどを把握しておくと良いでしょう。
人々の健康に貢献するためには、他者の感情を理解したり自分の考えを的確に伝えたりするコミュニケーション能力や、協調性、誠実さなどが必要です。加えて、新たな課題に対して積極的にチャレンジする前向きな姿勢や、継続的な学習に取り組む自律能力が求められます。

カリキュラムポリシー

川崎医科大学医学部では、初年度から臨床実習等が行われます。そのため、早い段階から医師になるという意識を強く持ちながら学習を進めることが可能です。また、近年はグローバル化が進んでいることから、英語を含めた語学力を養うことで、幅広い人々に医療を提供する能力を習得します。
 医学の専門知識・理解については、系統立ったカリキュラムが設定されています。学年ごとにテストが行われるので、着実に知識を積み重ねることができます。また、地域医療への貢献を重視している川崎医科大学らしく、学外での実習も継続実施され、地域医療に対する関心を深められるカリキュラムです。また、レポート作成や発表などの機会も積極的に設けられ、自ら主体的に研究したり、成果を伝えたりする能力向上につながります。

ディプロマポリシー

川崎医科大学医学部では、医師として必要な資質として、生命を大切にすること、他者に共感することを求めています。患者や医療スタッフとのコミュニケーション力はもちろん、心身をきちんとコントロールしたうえで、自らの能力向上に継続的に取り組める人材を輩出する方針です。
また、医師として様々な医療を的確に提供すべく、専門性の高い医療知識や技術を身につけたうえで卒業することが求められます。基本的な医療知識を把握したうえで、実際の医療現場などで知識を応用し、治療や研究に役立てる能力が必要です。
加えて、治療のみならず、人々の健康維持や病気の予防にも取り組める人材が育成されます。治療等による派手な成果を上げることばかりに目を向けず、医療提供を通じて人々により良い生活をしてもらうことに意欲を持つ精神性が求められていると言えるでしょう。国際社会や地域社会の変化に合わせて、自らの医療知識等を活かして貢献することが望ましいです。

住所、定員、偏差値などの基本情報

住所 岡山県倉敷市松島577
アクセス JR山陽本線「中庄」駅徒歩10分
定員 <令和2年度>特別推薦入試(専願)中国・四国地域出身者約20名、一般入試約50名、地域枠入試(専願)岡山県約10名・静岡県10名・長崎県4名
設置時期 1970年(昭和45年)
偏差値 62.5(2020年度入試難易予想表、河合塾)

科目ごとの傾向

英語

英語では、長文読解問題において語数の多い英文が出題されやすいです。そのため、長めの英文を素早く読み解く練習を重ねておきましょう。ただし、英文量こそ多いものの、解答はマークシート方式です。記述力を養うのではなく、要点をつかんで選択肢を素早く吟味する力が求められます。医療系テーマの英文が扱われることも多いため、医療系の知識を増やしておくことも有益です。
整序英作文や空所補充形式の文法・語法問題等はテキパキ解き進められるよう、センター試験レベルの基本知識は完璧にしておきたいところです。過去問演習では、読解問題にじっくり取り組めるような時間配分を目指してみてください。

数学

数学では、微分・積分に関する出題が多く見られます。豊富な計算量が求められるケースも少なくないため、素早く・正確に計算する訓練を積んでおきましょう。センター試験の微積分に関する大問を繰り返し解いておけば、処理能力を養うことができます。
また、微積分以外にも幅広い分野からの出題が見られます。苦手分野を残したまま受験すると失点につながりやすいので、センター試験レベルの問題については、分野を問わず解き進める力が必要です。センター試験や川崎医科大学の過去問を解き、苦手分野がある場合は教科書等での復習を行ってください。

化学

化学では、基礎~標準レベルの出題が多く見られます。設問数が多いため、解きにくい問題は後回しにしてテキパキ解答を進めていくことが大切です。分野としては、高分子化合物などの出題が多めです。
また、計算問題が多く登場します。難易度はそれほど高くないため、計算ミスに気を付けながら高い精度で素早く処理する力が求められます。教科書や標準レベルの問題集などで、基本的な計算問題の手順をきっちり確認しておきましょう。スピードを意識しながら、過去問演習を繰り返し、解き残しをなくす訓練をすることも有意義です。

生物

生物では、正確な知識が求められます。教科書に登場する重要用語は意味・用法を完璧にマスターしておきましょう。また、文章量が多いため、過去問演習で要点を効率よくつかむ練習をしておくと良いです。ただし、分量の多さを意識しすぎて、計算問題でミスを重ねないように注意してください。
出題分野に極端な偏りはなく、標準的な問題がまんべんなく出題されます。実験がらみの問題も出てくるので、教科書や問題集に登場する定番実験については、手順や目的などを整理しておきましょう。

物理

物理では、基本的な問題も数多く出題されます。出題分野の偏りは少なめなので、教科書等で各分野の基礎知識を整理しておくと良いです。他教科と同様、問題数が多めなのでテキパキ解き進める必要があります。
ただし、年度によってはやや変わった出題が見られる場合もあります。レベルはそれほど高くないものの、慣れない形式の出題が出てくることも想定しておくと、本番で慌てずに済みます。複数年度の過去問を解き、年度によって出題傾向が異なることを体感しておくと安心です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL