産業医科大学医学部医学科の紹介

産業医科大学医学部医学科の紹介

産業医科大学医学部医学科概要

産業医科大学医学部医学科は、北九州市に位置する私立医学部です。大学名の通り、産業医の養成に力を入れている点が特徴です。私立医学部ながら、入試では国公立大学のような記述式の設問も多く見られます。国公立医学部志望生や、論述力に自信のある受験生も産業医科大学医学部受験を検討してみましょう。

産業医科大学医学部募集要項について

アドミッションポリシー

産業医科大学医学部では、産業医育成を目的とした教育が行われることを理解したうえで入学することを求めています。産業医になる意欲はもちろん、健康増進などにも関心を持つ人材が望まれます。また、知識の応用力やコミュニケーション能力、継続的な探求心なども必要です。
学力面では、基礎学力に加えて、語学力の習得も行っておくべきです。入試対策として英語を学ぶ際には、大学入学後に医学を学ぶ上でも役立つことを意識してモチベーションを高めてみてください。

カリキュラムポリシー

産業医科大学医学部では、高大の連続性を意識したカリキュラムが設定されます。医学分野の科目のみならず教養科目も重視し、倫理観や優れた人間性などを身につける上で役立てさせる方針です。少人数で行う対話型の授業も多く見られ、コミュニケーション能力や協調性を養ううえで役立ちます。
 基礎医学教育では、その後の臨床医学教育に役立つ知識や理解が重視されます。臨床医学教育では実際の診療に参加することで、知識・技能の習得や学習意欲の向上に加えて、自ら思考する能力を高めることが可能です。
 また、産業医養成を目指す大学らしく、産業医学についての学習は1年次から行われます。実際に産業医として活躍する医師による指導を受けながら現場で実習を実施します。初期の臨床研修に参加する段階で、すでに産業医の資格を取得している状態が可能なカリキュラムが設定されています。
 さらに、着実に知識・理解を積み重ねるために、年次ごとにCBTをはじめとする各種試験が行われます。卒前教育や卒後教育でも産業医学に関する科目が設定されている点や、高校から大学、基礎科目から臨床科目、卒前教育から卒後教育などへの連続性が重視されている点も特徴的です。

ディプロマポリシー

産業医科大学医学部では、医師になるうえで必要な各種試験の合格や、必要科目の履修に加えて、産業医として活躍する能力を備えて卒業することを求めています。産業医に必要な知識・技能・人間性を養い、産業医分野で主体的に活躍する意欲を持つことが必要です。

住所、定員、偏差値などの基本情報

住所 北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号
アクセス JR鹿児島本線「折尾」駅からバス約10分「産業医科大学病院」または「産業医科大学病院入口」停下車
定員 <令和2年度>推薦入試20名以内、一般入試約85名
設置時期 1978年(昭和53年)1月
偏差値 67.5(2020年度入試難易予想表、河合塾)

科目ごとの傾向

英語

英語では、分量がやや多めの記述式問題が出題される点が特徴です。日本語での内容説明や英文和訳、自由英作文などの対策を行っておきましょう。国公立医学部の受験予定がない場合でも、国公立大学の過去問も使いながら記述式問題の演習を十分にこなしてください。
読解問題では、空所補充形式の問題に特徴があります。選択肢から選ぶのではなく、自ら単語を書く必要があるため、単語学習の際はつづりも正確に覚えておく必要があります。
自由英作文では100語程度の英語を書く必要があります。論理的な英文構成の練習はもちろん、制限時間を意識してテキパキと書く内容を整理する力もつけておきましょう。読解問題では、時事性のあるテーマを扱った英文が出題される傾向が見られます。普段から時事ニュースなどに触れる機会を設けておくと、スムーズに内容を理解しやすくなります。

数学

 数学では、小問形式の出題が多く見られます。そのため、特定分野の力を磨き上げるよりも、幅広い分野の問題をきっちり解く力を身につけておくと有効です。数学Ⅲの積分に関する問題など、中には計算量が多い問題も見られます。計算力をつけると同時に、より効率よく計算することができないかを常に意識しておいてください。加えて、多くの小問の中から、比較的手早く解けそうな問題を見つけ出す力も大切です。
 また、記述式の問題で、証明問題が出されることもあります。証明問題では論理を特に明確に示す必要があるため、過去問演習を行った際などは、答案の添削指導を受けるなどして論理的な記述をする力を挙げておきましょう。

化学

化学では、有機や理論分野の出題が多く見られます。難易度は標準的なので、頻出分野を中心に問題集や過去問などで基礎~標準レベルの問題演習を重ねておきましょう。
計算問題や論述問題も出題されます。計算問題の難易度も標準的なので、解き方をマスターしておくことに加えて、落ち着いて正確に計算を進める練習が不可欠です。論述問題も極端に恐れることはなく、過去問演習で形式に慣れておき、極端に苦手な分野がある場合は教科書の見直しなどで知識・理解を補っておいてください。

生物

生物では、遺伝や生殖など、医学部での学習に特に深くかかわる分野からの出題が多く見られます。論述問題が含まれることも考えると時間の余裕は少なく、テキパキ解き進めると同時に、解ける問題での失点を避けることが大切です。
論述問題では、実験の過程説明が求められるケースもあります。教科書などで実験が登場した際は、目的・結果のみならず、実験過程についてもしっかり理解しておきましょう。生物は暗記事項が多い科目ではありますが、産業医科大学の生物では論述力も重視されます。知識の習得のみならず、内容を整理して理解したうえで、的確に伝える力も過去問演習等で身につけておきましょう。

物理

物理では、標準~やや難易度の高めの問題が見られます。設問数が多い点に特徴があり、テキパキと解き進める力の高低が得点を左右します。また、無理にすべての問題を解き切ろうとするのではなく、解きやすい問題を選別して得点を稼ぐスキルも必要です。
力学の出題が多い傾向はありますが、年度によっては意外な分野からの出題gが見られたこともあります。そのため、過去問演習では複数年度の問題にチャレンジし、直近数年で出題されていない分野の対策も怠らないようにしましょう。計算問題を素早く解き進めることが得点アップにつながるため、制限時間を設定して問題集などに取り組む学習も取り入れてみてください。



産業医科大学のWEBサイトはこちらから

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL