2021年度私立医学部指定校推薦編~医学部受験の基礎知識

20201年度私立医学部指定校推薦編~医学部受験の基礎知識
私立医学部推薦入試の中には、指定校推薦が含まれている場合があります。自分が通っている高校に指定校推薦枠がある場合、推薦枠に入れば高い確率で医学部受験に成功できる仕組みです。2020年度のデータも参考に、2021年度私立医学部指定校推薦の試験科目や実施大学、合格に必要な準備などを確認してみましょう。

私立医学部推薦入試(指定校推薦)の試験科目

私立医学部の指定校推薦入試では、試験科目が面接や小論文にとどめるケースも多いです。英語や数学などの学科試験が実施される場合も、基本的な内容が問われます。そのため、一般入試や一般推薦入試などと比べて、試験科目は少なく、学科試験がある場合でもその難易度は低めと考えておきましょう。
大学が高校を指定しているため、自分の高校のレベルが高い場合は複数の医学部に指定校推薦で進学するチャンスがある場合もあります。ただし、ハイレベルな高校の場合はその分、他の生徒との競争も激しくなりがちだったり、一般入試を受ければより偏差値の高い医学部に合格できる生徒が多かったりする場合も少なくありません。

 

私立医学部指定校推薦の実施大学

私立医学部で指定校推薦を実施した大学は、北里大学や聖マリアンナ医科大学などです。指定校推薦の詳細や定員については、対象となる高校に送付されます。指定校になるかどうかや、何名の枠が割り当てられるかは、年度によって異なる場合もあります。最新の受験情報に触れて、2021年度入試で自分の志望大学から高校に指定校推薦枠が来ていないかを確認するようにしましょう。

 20201年度私立医学部指定校推薦編~医学部受験の基礎知識

私立医学部推薦入試(指定校推薦)合格に必要な準備とは?

指定校推薦で私立医学部に合格するためには、高校で優秀な成績を収めて、指定校推薦枠を獲得することが重要です。指定校推薦に興味がある医学部受験生は、まず高校の先生にどの大学からの指定校推薦枠があるかを確認しましょう。興味のある私立医学部の指定校推薦枠がある場合は、他の生徒の動向も踏まえながら、必要な成績がとれるように定期テストや提出物などへの取り組みを強化してください。
また、指定校推薦で合格すれば、確実に進学することが求められます。合格してから他の医学部に目移りしないよう、受験情報で大学のアドミッションポリシーやカリキュラム等を確認して入学の意思を固めておくことが大切です。

 

まとめ

  • 私立医学部指定校推薦の入試科目は少なめで問題も易しい
  • 指定校推薦の実績がある私立医学部は北里大学や聖マリアンナ医科大学など
  • 指定校推薦で私立医学部合格を目指すなら高校内での競争が重要

 

参考リンク

医学部受験情報一覧

2021年度医学部受験情報

医学部傾向と対策

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL