2021年度国立医学部地域枠学校推薦型選抜編~医学部受験の基礎知識

2021年度国立医学部地域枠推薦編~医学部受験の基礎知識
国立医学部の中には、地域枠推薦入試を導入している大学があります。地域医療に関心がある医学部受験生は、受験情報をチェックして志望大学に地域枠推薦があるかを把握しておきましょう。地域枠推薦を実施している大学の例を挙げて、定員、受験資格や入試科目などをご紹介します。

 

*新型コロナウィルスの感染拡大の懸念から2020年5月14日文科省から国公私立大学長に向けて

「令和3年度大学入学者選抜(総合型選抜・学校推薦型選抜)における配慮事項について」

が通知されました。

 
https://www.mext.go.jp/content/20200514-mxt_kouhou01-000004520_4.pdf

 

国立医学部地域枠推薦入試地域枠の科目は

国立医学部推薦入試地域枠を受験する場合、共通テスト+面接・小論文の対策が必要です。共通テストの得点が8割程度でも合格できるケースが見られますが、面接や小論文では他の受験生にしっかり差をつける必要があります。地域枠で出願者が限られやすいからと言って油断せず、面接・小論文の対策は丁寧に行ってください。
また、入学後に同級生との差が大きくなりすぎないよう、共通テストについても一般入試の合格ライン程度の得点をとれるように準備するべきです。共通テスト対策を十分に行っておけば、もし推薦入試に合格できなかった場合でも、一般入試で同じ医学部に再チャレンジしやすくなります。

 

熊本大学医学部の地域枠推薦は

熊本大学医学部医学科の2020年度入試では、定員20名の推薦入試が実施され、そのうち5名が地域枠となっています。熊本県内の高校出身者で、熊本県医師会修学資金の貸与を受けることが条件です。2021年5月末時点で推薦枠の変更は発表されていないため、2021年度入試でも熊本県内の高校出身者は熊本大学医学部には地域枠推薦があることを念頭に置いておくと良いでしょう。
選抜方法は、1次試験がセンター試験(2021年度からの共通テストに相当)、2次試験が面接となっています。小論文や、2次での英語や数学・理科の学科試験はありません。センター試験では基本的な5教科7科目が必要となり、バランスの取れた学力をつけておきたいところです。高校での評定平均値が4.0以上あり、卒業後に熊本県内で地域医療に携わる意志がある医学部受験生は、熊本大学医学部の地域枠推薦を検討してみてください。

 

宮崎大学医学部は地域枠推薦と地域枠特別推薦の2種類がある

宮崎大学医学部は、宮崎県に関わりのある受験生向けに2種類の地域枠を提供しています。
地域枠推薦入試は、宮崎県内の高校を卒業した現役生が対象です。一方、地域枠特別推薦入試は、宮崎県内の高校を卒業した1浪生も対象となります。また、県外の高校を卒業した現役生でも、宮崎県内の小学校または中学校のいずれかを卒業していれば対象となります。
地域枠特別推薦入試については、宮崎県に住んでいて熊本県や鹿児島県などの私立中学・高校に通った場合はもちろん、宮崎県で小学校を卒業し、その後は引っ越し等で全く違う地域に住んでいた受験生も対象です。宮崎大学医学部のように、地域枠推薦入試では出身高校の所在地以外でも地元と関わりがあれば出願資格を満たす場合があると考えておきましょう。
試験内容は一般的で、センター試験の5教科7科目(2021年度からの共通テストに相当)+個人面接となっています。センター試験で文系科目も含めて十分な得点をとれる準備をすると同時に、模擬面接などを受けて的確な受け答えができるように準備しましょう。

2021年度国立医学部地域枠推薦編~医学部受験の基礎知識

国立医学部地域枠推薦入試の対策とは?

国立医学部に地域枠推薦入試で合格するためには、まず高校での内申点をきっちり確保しておく必要があります。推薦入試の1つなので、いくら地域医療に従事したい気持ちが強くても、そもそも推薦の出願資格を満たさなければ受験すらできないからです。大学により求められる評定平均値は異なりますが、目安として平均4.3程度は確保しておきましょう。
また、共通テストの得点がそれほど高くない受験生も多いです。一方、面接・小論文については充実した対策を行った上での勝負になります。
面接・小論文対策としては、塾や予備校などで模擬面接を行ってもらい、想定問答にはスムーズに回答できるようにしましょう。また、医療系のニュースなどにも興味を持って接しておき、タイムリーな話題についても自分なりの意見を述べられるように準備することが大切です。さらに、地域枠推薦入試を受けることを踏まえて、地域の実情を把握し、地域医療に携わりたいという気持ちを強く持っておくことも合格を近づける要因になります。

 

まとめ

  • 2021年度国立医学部地域枠推薦入試を受けるなら面接や小論文で差をつけよう
  • 地域医療に携わる強い意志を持ちたい
  • 地元の高校出身でなくても地域枠推薦入試を受けられる場合がある
  • 国立医学部地域枠推薦を狙うなら評定4.3は確保すべき

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL