どうやって医学部予備校を選んだらいいの?

合格する為にどんな医学部予備校を選ぶべきか?

ひとくちに医学部予備校といっても色々な種類があります
これまで培ってきた経験や指針に確固たる自信がある予備校の場合、テレビCMやインターネットなどでの広告では生徒募集はおこなわずどちらかというと口コミや評判を聞いて生徒が入学することが多いようです。
医学部予備校といっても千差万別でいろいろなスタイルがあります。まずは自分に合った医学部予備校の形態を考えてください。
集団授業でも15~20名程度のクラスから、5~6名程度のごく少人数のクラスがあります。苦手な科目があればマンツーマン授業を選択できたり、マンツーマン授業だけの医学部予備校もあります。
授業形式では、一方通行の講義形式、少ない人数であれば生徒の理解度をフィードバックしながらの双方向のゼミ形式など各予備校でそれぞれ工夫しています。
最近ではオンラインでのマンツーマン授業や集団授業、医学部受験に特化した映像配信授業など自宅に居ながらにして医学部受験対策が可能になりました。
さらに進化したのがAIを使った授業です。AIが生徒に合わせて、どこがわかっているかどうかを判断して授業や演習を進めていきます。現時点ではAIだけでは各医学部の傾向に合わせた対策はできませんので、リアルの講師と組み合わせて授業を受けるのが主流となっています。最近はAIウォッシングという言葉があるように、AIの性能を誇張した教材も多く出回っていますので注意が必要です。現時点で医学部受験に耐えうるAI授業を提供しているのは、atama+とQubenaです。興味のある方は、それぞれサイトがありますので訪問してみるといいでしょう。

atama+のサイトはこちら

医学部予備校の授業形態以外に気を付けることは?

医学部予備校を選ぶかの基準

授業形態以外で大切なのは、講師の教える力、職員の面倒見の良さ、教育に関する見識、カリキュラムなどがあげられます。合格実績に関しては誇張した数字が散見されるためあまり参考にせず、しっかりと予備校そのものを吟味することをお勧めします。特に属人的な部分では医学部予備校毎の違いがあまりに大きいようです。医学部受験を経験したことのある保護者であれば入会面談などで話していると大体の力量は見当はつくでしょう。もしわかりかねると思ったときは、医学部予備校で実施している体験授業を受けてみましょう。雰囲気などもわかるので参考になります。