久留米大学医学部医学科の紹介

福岡大学医学部医学科の紹介

久留米大学医学部医学科概要

久留米大学医学部医学科は、福岡県の主要都市・久留米市内にある私立医学部です。地域や時代のニーズに合った医療を提供できる人材を育てることにも力を入れており、地域医療に関心のある医学部受験生はぜひ検討してみましょう。入試では標準レベルの出題が多いことから、一発逆転タイプよりも、コツコツ努力を積み重ねて私立医学部合格を目指す受験生に適しています。

久留米大学医学部募集要項について

アドミッションポリシー

久留米大学医学部では、医学について積極的に学び、実際の診療等に活かす意欲のある人材を求めています。また、時代の変化に合わせて柔軟な対応ができる人物が望ましいとされています。医師を目指して高度な知識や技術を習得することはもちろんですが、実社会において活躍したい人材を求めていると言えるでしょう。
また、他の医療スタッフとの協調性や、患者目線でのサポートを意識できる人間性など、コミュニケーション能力にも優れた人材が望まれます。医療に携わろうとする人材に最低限必要な倫理観やコミュニケーション能力が求められていることがわかります。

カリキュラムポリシー

久留米大学医学部医学科ではまず、1・2年次において幅広い教養科目をについて学習する機会が提供されます。加えて、医学の基礎となる科目を多く受講して3年次以降の学習に役立てるカリキュラムです。施設体験等も実施し、医療現場について知ると同時に学習モチベーションを高めることも可能です。自分が進みたい専門分野を決めていくうえでも、1・2年次における施設体験等は貴重な機会となるでしょう。
 3・4年次では、臨床系の科目が多く設定されています。実務経験のある教員による講義もあり、専門分野における最先端の情報に触れるチャンスがあります。時代の流れに伴う医療ニーズの変化を把握するため、社会医学についての科目なども受講可能です。また、3年次からは研究室への配属が行われるため、専門性を高める意欲を伸ばしやすくなると言えるでしょう。
4年次からは、臨床実習も行われます。臨床実習では医療現場におけるチームワークについて理解するとともに、コミュニケーション能力の養成などを目的として実際に診療に参加する機会も設定されます。

ディプロマポリシー

久留米大学医学部では、責任感と倫理観を兼ね備えた医師の育成を心がけています。基本的な医学知識を習得していることはもちろん、卒業生にはコミュニケーション能力や、継続的な学習に取り組む姿勢なども求められます。
また、グローバル化が進んでいることから医学の国際化への対応力が必要とされるほか、地域や患者のニーズに合った医療を提供する力も必要です。

住所、定員、偏差値などの基本情報

住所 福岡県久留米市旭町67番地
アクセス 西鉄久留米駅からバス17分、JR久留米駅からバス7分。いずれも「大学病院」か「医学部前」停下車
定員 <令和2年度>一般推薦約10名、地域枠推薦約15名、一般入試前期約70名、一般入試後期約5名
設置時期 1952年(昭和27年)2月医学部開設
偏差値 一般入試前期65.0(2020年度入試難易予想表、河合塾)

科目ごとの傾向

英語

英語では、英文和訳問題や空所補充問題を含む長文読解問題が見られます。記述式の問題も登場します。語句整序や適文選択など、文法・語法や文脈把握が必要な問題の対策もしておきましょう。難易度が高めの単語が出題されるケースもあり、英語で得点を稼ぎたい受験生は、ややハイレベルな単語集にもチャレンジしておくと良いです。
マークシート方式の問題で選択肢をテキパキ選んだうえで、和訳などの記述式問題に時間を多くかけたいところです。過去問演習を行う際は、時間配分を意識して記述式にじっくり取り組む準備をしておいてください。時間不足になりそうな場合は、どの問題に時間がかかりすぎているのかをタイマー等でチェックしたうえで、同形式の問題に集中的に取り組んでみましょう。

数学

数学では、積分や場合の数・確率についての出題が多く見られます。難問・奇問の類は少ないため、教科書や基礎~標準レベルの問題集を確実にこなしておきましょう。高得点を取る受験生が多く出ると考えられるため、計算ミスや苦手分野での大量失点は避けたいところです。過去問を複数年分解いてみて、極端に間違いが多かった年度が出てきたら要注意です。
平易な問題が多い分、数学をやや苦手としている受験生も典型問題の練習を繰り返せば高得点を狙えます。数学が得意な受験生は、ミスなく解き進める練習をすると同時に、見直しでミスを発見する練習もしておくと安心です。

化学

化学では、幅広い分野から標準的な問題が出題されます。苦手分野をなくしておき、教科書レベルの問題については分野を問わずスムーズに解答できるようにしておいてください。
中和滴定などの計算問題が出題された場合は、計算ミスにも注意が必要です。問題集などで典型問題を解いて解法をしっかりマスターしておき、本番も冷静に解き進めたいところです。素早く計算する練習を重ねるとともに、自分がミスをしやすいポイントを把握して、見直しの際に重点チェックする習慣をつけておくと良いでしょう。

生物

生物では、遺伝分野の出題が多いです。難解な問題は少ないですが、文字を含んだ計算問題が出ることもあり、正確な計算力を身につけておきましょう。誘導形式の問題では、誘導の内容をしっかりチェックして、大きな失点をしないよう心掛けてください。
知識問題では、基本的な用語を問う問題が中心です。特定分野にだけ精通するのではなく、幅広い分野について教科書レベルの基本用語はスムーズに解答できるように繰り返し学習することが大切です。

物理

物理では、標準レベルの出題が中心となります。力学や電磁気が頻出なので、教科書のみならず問題集・過去問で演習を重ねておきましょう。理由記述が必要な問題が出てくるケースもあるため、解き方を丸暗記するのではなく、内容を自分の頭でしっかり理解しておいてください。また、単位に関する知識も整理しておきましょう。
時にはやや難易度が高めの問題が出てくることもあります。難度が高いと感じた問題は後回しにするなど、問題を解く順序も意識して過去問に取り組むと良いです。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL