【医学部受験】夏期講習の意義とは?苦⼿科⽬の克服・実⼒アップの為には必須です!

夏期講習の意義

医学部受験に成功するためには、充実した夏休みを過ごすことが大切です。既卒生はもちろん、普段は学校のある現役生にとっても夏が医学部合格への大きな山場となります。夏に苦手科目の克服や実力アップをする上でうまく利用したいのが医学部予備校の夏期講習です。

 

医学部予備校の夏期講習で苦手科目を克服!

医学部受験では、国公立を中心に受験科目が多いです。そのため、多くの受験生は苦手科目を抱えることになります。

入試本番では、苦手科目で極端に低い点数を取ってしまうと、全体の合否に響きやすいです。

 

そこで、苦手科目は医学部予備校の夏期講習を利用して徹底的に克服していきましょう。

苦手科目については、自分から勉強するモチベ―ションが起きにくい場合が多いです。夏休みの学習でも後回しにしてしまわないよう、医学部予備校の夏期講習カリキュラムに従って自然に学習できる流れを作っておくと良いです。

多くの科目や分野に手を出しすぎると学習のリズムが狂いやすいので、夏期講習期間中は苦手科目を学習の中心に据えて全体の学力を底上げするのも1つの方法と言えるでしょう。

 

また、苦手の内容についても医学部予備校に相談してみると良いでしょう。一口に苦手と言っても原因は様々です。特定の分野が苦手なのか、学習量が足りていないのかなど、原因を知った上で、夏期講習で徹底対策をしてください。
 

夏期講習のご相談はこちら

 
現役生についてはまだ一度も入試本番を経験していない分、苦手はそのうち克服されると楽観視しがちです。しかし、私立医学部の推薦入試など、夏が終わるとすぐに医学部入試本番がスタートしていき、過去問演習も増えていきます。夏期講習は、入試前に苦手科目の対策を集中的に行える最後のチャンスです。

 

医学部専門予備校では、医学部受験に役立つ苦手科目対策を行えます。単にその科目の知識や理解を深めるだけでなく、医学部受験で出題されやすいポイントを効率よく学べる点がメリットです。夏期講習が終わった時には苦手意識を払拭できるよう、夏休みのうちに計画的な学習をサポートしてもらいましょう。

 

PMD医学部専門予備校では7/17~8/31の間、夏期講習を開催します。

「苦手科目の克服」「これまでの基礎固め」「医学部推薦入試対策」など、個々の目標やスケジュールに応じて、成績アップに効果的なカリキュラムを作成しますので、奮ってご応募ください。
https://www.pamda.info/summerclass/

2021夏期講習-pc
2021夏期講習-sp

 

夏期講習で短期実力アップを目指そう!

医学部予備校の夏期講習は、短期間で集中的に実力をアップさせるチャンスです。

苦手科目の夏期講習を受講した場合は、数か月という短い期間の間に克服することで自信を身につけることができます。

 

推薦入試などがスタートしていく秋までに、実力アップを実感しておくことはモチベーション維持につながります。

また、現役生は夏期講習で授業の先取りをすることもおすすめです。高校の進度にもよりますが、先取りをしないと受験直前に理科や数学などで重要な単元を習うことも考えられます。過去問演習をする期間も考えると、未習単元や重要事項は医学部専門予備校の夏期講習で先取りをしておくと安心です。

 

既卒生を含め、夏までにある程度充実した勉強ができている受験生は、夏期講習で今まで行ってきた勉強の深堀をしましょう。他の受験生が苦手克服などに多くの時間を割いている間に、さらに差をつけて医学部合格の確実性を高めるチャンスです。

 

夏期講習の中でどの講座が自分のレベルや志望校に合っているのか、医学部予備校の専門スタッフとも相談しながら計画的に判断していきましょう。夏休み期間を通して行われる講座の他、1週間などで集中的に特定の科目や単元を狙い撃ちする講座などもあります。

医学部受験生にふさわしい充実した夏を過ごすためにも、夏期講習をうまく使って、リズムよく夏を乗り切っていくことが望ましいです。

まとめ
・苦手科目の克服には医学部予備校の夏期講習がおすすめ
・現役生は医学部予備校の夏期講習を使った先取り学習が安心
・夏期講習で実力アップを実感し医学部合格を引き寄せよう

 

PMD医学部専門予備校では7/17~8/31の間、夏期講習を開催します。

「苦手科目の克服」「これまでの基礎固め」「医学部推薦入試対策」など、個々の目標やスケジュールに応じて、成績アップに効果的なカリキュラムを作成しますので、奮ってご応募ください。
https://www.pamda.info/summerclass/

2021夏期講習-pc
2021夏期講習-sp

 

医学部受験特設サイト

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL