福岡大学の記事一覧

2020福岡大学化学傾向と対策

2020年度福岡大学医学部入試化学の傾向解説

  概要 ・大問は3問 ・解答時間は理科2科目で120分 ・最新の用語に注意したい。   設問別分析 大問1(小問集合) 2020年度は無機の問題がなく理論と有機のみの出題だった。福岡大学の大問1は例 […]

2020福岡大学生物傾向と対策

2020年度福岡大学医学部入試生物の傾向解説

  概要 ・大問は5問 ・解答時間は理科2科目で120分 ・2020年度は計算問題はあるが論述はない。 ・基本的な用語を押さえているかが勝負のカギになる。   設問別分析 大問1(筋収縮) 基本的な問 […]

2020福岡大学-物理-傾向と対策

2020年度福岡大学医学部入試問題の傾向分析〈物理編〉

概要 大問は3問 解答時間は理科2科目で120分 選択問題が大問2つ 答えのみを記述する大問が1つ出題された。 設問別分析 大問1(波動:斜めに薄膜に入射する光の干渉の問題) 状況の設定は典型的で、教科書や問題集によく載 […]

【2020年度】福岡大学医学部入試傾向の解説<生物編>

概要 大問は5問 理科2科目で120分 ボーダーはおおむね8割 計算問題はあるが論述問題はない 設問別分析表 大問1(筋収縮) 筋原繊維の滑り説についての問題である。基本的な用語を問うものもあるが,問4のトロポニンのよう […]

【速報】2020年福岡大学医学部入試の解説<物理・化学>

物理講評 全体の概要 大問1,2が基礎、標準レベルの穴埋め問題であり、ここで得点できないと合格は厳しいと考える。第3問は、応用力がかなり必要となるので高得点をとるのは厳しいと考える。 第1問 光波の薄膜における干渉問題で […]

福岡大学医学部面接対策

福岡大学医学部では、2次試験で面接が行われます。小論文は1次試験に含まれるため、1次合格を果たせば残すは面接となります。せっかく1次合格を果たしたからには、2次面接も突破して医師への道をスタートさせたいところです。そこで […]

2019福大物理傾向と対策

2019年度福岡大学医学部入試傾向の解説<物理編>

概要 ・大問は3問 ・理科2科目(化学+物理)で合わせて120分 ・大問1,2が記号選択形式、大問3が記述式解答 ・標準的な難易度であれば、ボーダーは8割 設問別分析表 大問1(電磁気学 [記号選択]) 伝統的に大問1は […]

2019福大化学傾向と対策

2019年度福岡大学医学部入試傾向の解説<化学編>

概要 ・大問は4問 ・理科2科目(化学+物理or生物)合わせて120分 ・得意な人と、苦手な人で差が出やすい難易度 ・ボーダーはおおむね8割 設問別分析表 大問1(小問集合) 小問が3つあり、理論・無機・有機と各分野から […]

福岡大学医学部医学科の紹介

福岡大学医学部医学科概要 福岡大学医学部医学科は、福岡市内中心部からもアクセス良好な私立医学部です。グローバル化も踏まえたカリキュラムを持っており、九州内外から多くの医学部志望者を集めています。私立医学部受験を考えている […]

2019福岡大数学傾向と対策

2019年度福岡大学医学部入試傾向の解説<数学編>

概要 大問は3問 解答時間は90分 空欄補充形式と記述式 設問別分析表 大問1(整数、データの分析、数列) 12345654321は111111を2乗したものであると気付けるかどうかがポイント。気づかなければ解くのは難し […]